フリーエンジニアの年収調査

どのぐらい稼げる?教えて、フリーエンジニアの年収!

フリーランスと会社員エンジニアの年収を比較してみる

フリーエンジニアとして年収UPを目指すには?

フリーエンジニアを目指す上での注意点

フリーエンジニアを目指す上での注意点

この先フリーエンジニアになろうと考えている人が必ず知っておくべき注意点を紹介します。フリーエンジニアは個人事業主であり、いわゆるひとり親方です。会社員時代とはあらゆる面で責任の重みが違います。会社員よりも自由度が高くなることは確かですが、全てが自己責任になるということを理解しておきましょう。会社員なら特に詳しくなる必要がないこと、例えば社会保険や保証、契約関連のことなども、自分の身を守るための知識として知っておかなければなりません。

業務委託契約は慎重に

フリーエンジニアがクライアントと、仕事の完成という業務を委託され、その代わりに報酬の支払を求めることができるのは、両者間の業務委託契約に基づきます。口約束でも契約は成立しているのですが、内容が曖昧なままに進めてしまうと不利益になりかねません。そもそも会社勤めをしていたというのに、会社側からの半ば強制的な方針で、業務内容も年収も変わらないのに形ばかりの独立をして、業務委託契約を結ばされる場合があります。このような「偽装請負」は労働者側にとって不利な内容が通常であり、注意が必要です。また派遣社員であっても、二重派遣の危険もあります。自分の身は自分で守る必要があり、契約内容はよく確認しましょう。

業務委託契約は慎重に

保険・保障に纏わる注意

フリーランスとサラリーマンの年収の差は、表向きは見えない福利厚生の差などを考えなければ、単純には比較できません。すなわちサラリーマンであれば、就業形態にもよりますが、一般的に当然会社が加入すべきとされる社会保険に加入できます。これは労災保険や雇用保険のほかに、健康保険と厚生年金保険があります。そのうちフリーランスには前二者がありませんし、後二者の代わりに国民健康保険と国民年金に加入します。この国民健康保険は、保険料が割高であり、国民年金は年金として受け取ることが出来る金額が、将来の生活保障としては余りに貧弱です。そのためフリーランスは、自己防衛策を講じる必要があるのです。

保険・保障に纏わる注意

年齢による衰退期を乗り越える必要がある

人間誰もが年を取るのは嫌なものです。仕事が生きがいという人なら自分が何歳まで今のまま仕事ができるだろうかと不安になる人も多いのではないでしょうか。どんな仕事であっても年齢を重ねると職に就くことは難しくなりますし、フリーランスであれば契約を取ることも難しくなってくるでしょう。それでもいつまでも現役バリバリで仕事をしているエンジニアはたくさんいます。どうすればこの「年齢の壁」を乗り越えることができるのかご紹介します。若い人の間では「老害」という言葉も流行っています。決して自分がそうはならないように注意しましょう。

年齢による衰退期を乗り越える必要がある

TOPICSおすすめトピックス

Copyright © 2015 フリーエンジニアの年収調査 All Rights Reserved.