フリーエンジニアの年収調査

フリーエンジニアは業務委託契約に注意!

フリーランスと会社員エンジニアの年収を比較してみる

フリーエンジニアとして年収UPを目指すには?

フリーエンジニアを目指す上での注意点

業務委託契約は慎重に

欧米が契約社会で、何から何まで契約条項に書き連ねた分厚い契約書を交し合うのに対して、日本の場合には商慣習上、口約束でなんとなく仕事が始まってしまう傾向があります。これは昔ながらの職種に限らず、フリーエンジニアの世界であっても少なくありません。

業務委託契約は慎重に


フリーランスの業務委託契約

まずフリーエンジニアが一つ一つの案件についてクライアントから業務を委託されるならば、業務委託契約を結ぶことになります。これは仕事の完成に対して報酬を支払うという契約です。仕事を完成できる限り、クライアントから就業時間や就業場所の指示を受けることはありません納期までに完成品を納入出来るのであれば、仕事を1日で終わらせようが10日掛けようが、クライアントが口出しをする問題ではないのです。しかし時には、会社に勤めているにもかかわらず、経営者から形ばかりの独立を薦められて、業務委託契約を結ぶよう迫られる場合があります。もちろん業務内容はこれまで通り、年収もこれまで通りで、就業時間や就業場所もこれまで通りというわけです。もっとも個人事業主になるため表向きは報酬が上がるかもしれませんが、その分社会保険を削られますし、場合によっては機材や場所の使用に対して使用料を差し引かれるかもしれません。このような「偽装請負」は建築業界などを中心に蔓延しているようですが、安易に会社の言いなりになると、損をするので注意が必要です。

二重派遣に注意

またITエンジニアのように、派遣という形で就業する人も少なくない職種では、二重派遣も問題です。これは法律上禁止されているのですが、派遣社員として派遣会社から派遣先に派遣されていながら、派遣先から更に別会社の元へ、派遣先の指示の下に派遣されるというものです。こうすると派遣労働者が受け取る賃金が中間で搾取されることになり、労働者にとって過酷な環境になりかねません。もっともそもそも派遣社員という名目でありながら、実際には労働者を登録すらしていない、というずさん派遣会社もあります。昨今のIT分野における人材不足を商機と捉えたブラック企業が横行しているので、自分がどのような契約の元に仕事をしているのかという点は、労働者の側でしっかりと確認する必要があります。

エンジニア特有の問題

ITエンジニアにとって、クライアントからの業務を委託してプロジェクトを開始しても、途中での変更は少なからずあります。中には変更を繰り返しているうちに、納期が迫って仕事の完成に焦るあまり、詳細を詰めることなく進めてしまい、後々報酬額や費用で揉めることにもなりかねません。トラブルになれば、立場の弱いフリーランスが泣き寝入りせざるを得なくなるのであり、見積もりや受発注書はその都度、明確に書面で交わして確認し合うよう求める必要があります。

公正証書の作成手続をサポート<行政書士古川紀夫事務所>
URL:http://furukawa-jimusho.blogdehp.ne.jp/category/1705019.html

TOPICSおすすめトピックス

Copyright © 2015 フリーエンジニアの年収調査 All Rights Reserved.