フリーエンジニアの年収調査

フリーエンジニアは年齢の壁を乗り越えろ!

フリーランスと会社員エンジニアの年収を比較してみる

フリーエンジニアとして年収UPを目指すには?

フリーエンジニアを目指す上での注意点

年齢による衰退期を乗り越える必要がある

どのような職種であっても年齢を重ねると仕事に就くことは難しくなりますし、フリーランスでいえば、受注数も落ちてくるのが一般的です。とくに、IT業界ではその傾向が如実にあらわれています。フリーエンジニアになりたいと思っていても年齢が気になる人も多いのではないでしょうか。そこで、年齢の壁を乗り越えるための方法について考えてみましょう。

年齢による衰退期を乗り越える必要がある


年齢の壁が気になる頃

システムエンジニアなどでは、35歳が限界であるとまことしやかに語られています。プログラマも同じくらいの年齢が厳しくなってくることでしょう。通常IT業界ではプログラマなど現場で活躍するエンジニアと出世してマネジメント職に就く2つのコースに大きく分かれます。他の業種ほど課が細かくわかれることが少ないため管理職のポストもそれほど多くありません。そのため、管理職コースに乗らなかったエンジニアは、一生現場で生きていくことになります。会社側は若くて安い人材のほうが都合が良いのは言うまでもありません。長時間労働や徹夜など過酷な労働環境も多いこの業界。体力が衰えてくると現場作業はとても厳しいものがあります。

年齢の壁が与える影響

フリーエンジニアとなれば、企業と契約を結び常駐、又は在宅で仕事をすることになりますが、年齢を重ねてくると相手企業の担当者やエージェント担当者など、接する人が自分よりも年下になってきます。立場としては相手の方が上ですから、何かとやりづらい場面がでてきます。マネージャーやプロジェクトリーダーの人が自分よりも年下であれば、相手は指示が出しづらいなどの不都合がでてくるわけです。最悪の場合、そのような理由で契約を切られることも考えられます。

年齢の壁を超えるために

若い人は、年上の人とコミュニケーションを取るのが苦手だと思う人が多いようです。年上だという変なプライドは捨ててできるだけフレンドリーなコミュニケーションがとれるように配慮してあげることが大切です。体力的な衰えは否めないまでも、経験値では年上の方が圧倒的に有利です。新しい技術に対して常に取り込む姿勢を忘れず遅れることなく勉強することで、高い経験値と高い技術レベルの両輪で年齢の壁を突破することはそう難しくはないはずです。実際に、40歳を超えても現役のエンジニアとして働いている人は少なくありません。フリーエンジニアでも同じことです。ただ、フリーエンジニアの場合は、前述のほかに、営業力も重要になってきます。年齢を重ねたことで人間に深みがうまれ、キャラを確立して独特の営業力を高めることができれば安心してフリーエンジニアを全うできるでしょう。

TOPICSおすすめトピックス

Copyright © 2015 フリーエンジニアの年収調査 All Rights Reserved.